NEWS新着情報
21.07.13 F-lab(エフラボ)

【エフラボ】かっこいいイラストに憧れて見よう見まねで描いてみた。

■社内プロジェクト”エフラボ”

HBCフレックスには「F-lab(“エフラボ”と読みます)」という社内プロジェクトがあります。

Flex laboratoryの略称で、各部署からメンバーが集まって「なんかおもしろいことをやってみよう、実験してみよう」という集まりです。

メンバーの職種は、ディレクターや映像エディター、カメラマンなどさまざま。

この記事は、そんなF-labの試みの一環として、メンバーが自分でやってみたことや興味のあることについて自由に書いていきます。

ということで、今回は私、総務部のYが書きます。

■Webのかっこいいイラストにあこがれた

弊社のWebサイトは2019年末にリニューアルしたんですが、そのときに原稿書きや写真撮影を担当したこともあって、いろんなWebサイトを眺める機会が増えました。

で、そのときにイケてるなーと思った会社やサービスのWebサイトのトップページでしばしば見かけるイラストがあったんです。

アイキャッチにも使いましたが、こういうの。

これ、アイソメトリックとか、等角投影法とか言うらしいのですが、斜め上から見下ろすような視点で描かれたものです。

細かい定義は置いときまして、この絶妙な箱庭感というか、密度感というか、とにかくかっこいいなーと思いました。

■実際に描いてみた

で、描いてみよう、と。

実は、上に貼り付けた2枚のイラストは私が描いたものです。

なので正確なアイソメトリックイラストかどうかはわかりません。
見よう見まねで挑戦したので、「雰囲気」ということでご容赦ください…。

題材は弊社のオフィス。いまは総務部勤務なので、採用活動のときに資料に使えるイラストがあればいいなと思いまして。

とりかかったのはもう半年も前になっちゃいますが、年末年始の休み。
ゆっくり時間がとれました。

私にはイラストとかデザインの経験が特にありません。総務部に異動になる前は映像ディレクターだったので、illustratorで簡単な文字テロップを作ったことがある程度です。
なので、ネットのチュートリアルを参考に少しずつやってみました。

さっきの絵の一部を拡大。

この辺は、撮影部といいまして、カメラマンや音声技術者が打ち合わせをしたりするエリアです。

続きまして、2枚目。

これは、最近問い合わせをいたただくことが増えたWeb配信のお仕事を説明しようと思ってつくりました。

拡大するとこんな感じ。

これは配信の要、スイッチャーやテクニカルディレクターを表現した部分。
スイッチャーの機械を作りこむのが楽しかった!

今回、勢いに任せてイラストを作ってみたわけですが、できるだけシンプルな図形の組み合わせでモノのカタチを表現するのはとても難しいと感じましたが、めちゃくちゃ面白かったです。

次回以降はこれがアニメーションする動画を、どこかの部に協力してもらって作れたら…と思っています!

NEWS TOP